動画制作や映像制作はプロにお任せ!|IT時代の革命技術

Human Resource

一般人でも作れる

昔は映像を編集するのが大変でした

昔は映像制作というものは一般人には手の届かない存在でした。 映像といえば映画くらいでモノクロで音がないものでした。家で映像を見ることができるテレビが発売されて一般的に普及してからも、それはモノクロでカラーになるまでしばらく時間かかりました。そして録画をするためのビデオデッキが発売されます。そうしてようやく映像制作ができるアナログビデオカメラが登場します。 ビデオカメラが登場してもそれはまだまだアナログでした、そのため映像の編集がとても大変で映像制作に向いているとはいえませんでした。それからしばらくしてデジタル化が進み、その流れでデジタルビデオカメラが登場します。これでやっと一般人にも簡単に映像制作が出来るようになりました。

進化していく映像制作

近年、個人でも映像制作が簡単にできるようになりました。今では写真を撮るためのデジタルビデオカメラやスマートホンといった電話するための機器に、映像を記録することができる機能が標準で付いています。 そしてそれらで撮った映像はデジタルデータとして使用することができます。パソコンというデジタル機器が一般的に普及したので、それを使いデジタルデータを簡単に編集できるようになりました。このおかげで簡単に映像制作もできるようになったのです。 最近では鮮明な高解像度の映像も撮れるようになってきて、3Dなどの新しい分野も出てきています。そのような新しい要素も加わり、より素晴らしい映像制作ができるようになりました、今後、ますます映像制作は発展していくでしょう。