動画制作や映像制作はプロにお任せ!|IT時代の革命技術

Human Resource

経営方法

マーケティングと他業務との融合

現代では販売・営業業務において、相互の役割がより連携する必要性があるとされています。具体的には顧客の意見を収集するコールセンター業務の成果と製品開発計画業務との連携や、そうして開発された新製品の迅速なアピール活動など、素早いニーズ・企業活動変化へ対応するための連携が不可欠となっています。 外部業者に依頼するケースが多いとされるテレマーケティングでもそうした工夫の一環を果たす動きが増えているとされます。各専門業者は単純な顧客開拓活動や意見収集の目的だけで無く、より複合的に顧客意見を分析したりアプローチ計画の組み直しをしたりする等の担当範囲拡大を図る動きがみられる様になったと言われています。 これにより、テレマーケティングを含む営業分野を強化し、効率化と必要コスト減少を図る狙いと利点が挙げられています。

テレマーケティング担当者における主な工夫

依頼者の要望に応えられる様に、近年のテレマーケティング業者では、業績や需要の拡大に向けた動きが加速していると言われています。 主な例に、顧客意見の分析システムの強化が挙げられます。従来からある顧客層の細かなグループ化に加えて、複数の顧客プロフィールや意見の間にある関連性分析やアンケートシステムの充実など、様々な試みが行われているとされます。 それに伴い、テレマーケティング担当者の能力充実に向けた対策を行う業者の存在も挙げられています。 また業者によってはテレマーケティング以外の範囲もサービス提供する事で受注拡大を図るケースもあるとされます。 こうした面もあり、テレマーケティング市場は堅実な伸長を続けているとされています。